2015.10.16

【ラグビーW杯】決勝トーナメント開幕。因縁の対決を制するのは?

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji  photo by AFLO

 ラグビー日本代表は予選プールで3勝1敗という好成績を残しながら、決勝トーナメント進出は果たせなかった。決戦の地から帰国したあとも、「ワールドカップ史上最強の敗者」と称されたエディー・ジャパンの人気は、ますます過熱している。

2007年大会はグレージャージのニュージーランド代表がフランス代表に屈した そんななか、10月17日より生き残った8強による決勝トーナメントが、いよいよ幕を開ける。このノックアウト方式のトーナメントを勝ち上がった勝者のみが、「ラグビーの創始者」とされる伝説的選手の名にちなんだ優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を手にすることができるのだ。

 準々決勝の対戦カードは、以下のとおり。

(1)南アフリカ代表(プールB1位/1.33倍)vs.ウェールズ代表(プールA2位/3.50倍)
(2)ニュージーランド代表(C1位/1.17倍)vs.フランス代表(プールD2位/6.00倍)
(3)アイルランド代表(プールD1位/1.53倍)vs.アルゼンチン代表(プールD2位/2.75倍)
(4)オーストラリア代表(プールA1位/1.10倍)vs.スコットランド代表(プールB2位/8.00倍)

※準決勝のカードは10月24日に「(1)の勝者vs.(2)の勝者」、10月25日に「(3)の勝者vs.(4)の勝者」で行なわれる。カッコ内の倍率はイギリス最大のブックメーカー「ウィリアムヒル」によるもの。

 この準々決勝4試合のなかで、何と言っても世界的に注目されているのは、ニュージーランド代表対フランス代表戦だ。その理由は、前回大会の決勝戦のカード(8-7でニュージーランド代表の勝利)というだけでなく、前々回の大会でも激闘を演じた「因縁の対決」だからだ。