【ラグビー】日本代表のホープ・藤田慶和擁する早稲田、打倒帝京のカギは?

  • 松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu
  • 井田新輔●撮影 photo by Ida Shinsuke

 さらにはゲームマネジメント。この日のSO小倉順平のそれは悪かった。勝つためには、スキのないセットプレー、スキのないディフェンス、スキのないゲームメイクが条件。

 2013年11月の対抗戦で帝京大に31-40で敗れた時、藤田は試合に出場していなかった。日本代表のホープがのんびりした口調で言う。

「とりあえずこの1週間、準備を楽しんでいきたい。決勝も、結果でなく、プロセスを楽しめればいいのかなと思います」

 大物である。早大の勝利パターンは、FWがスクラムから流れをつかみ、藤田がトライを決める、これである。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る