2019.03.20

Tリーグで13戦全勝→初代MVP。
早田ひなの成長ぶりがハンパない

  • 栗田シメイ●取材・文 text by Kurita Shimei
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 3時間を超える激戦に終止符を打ち、日本生命レッドエルフをTリーグ初代女王に導いた早田ひなは、試合終了の瞬間に歓喜の涙を流した。

Tリーグのプレーオフ・ファイナルで2勝を挙げた早田 3月17日、Tリーグのプレーオフ・ファイナルが両国国技館で開催され、女子はシーズン2位の日本生命と、同1位の木下アビエル神奈川の対戦になった。第1マッチのダブルスは、日本生命の中国人ペアが石川佳純、木原美悠ペアを破って木下を一歩リードする。しかし第2マッチではエースの平野美宇がフルマッチの末に杜凱琹(ドゥ ホイカン)に惜敗。その後も、お互い一歩も引かない展開で試合は進んでいく。

 第3マッチは、早田が袁雪嬌(エン シュエジャオ)を相手に、セットカウント2-2から最終ゲームで6度のマッチポイントをしのぎ、19-17で粘り勝ち。王手をかけられ後がなくなった木下だったが、エース石川が第4マッチで貫禄を見せつけて前田美優に完勝し、マッチカウント2-2でヴィクトリーマッチに突入した。

 1セットで勝負が決まる決戦の舞台に指名されたのは、早田と袁雪嬌。奇しくも、第3マッチと同じ顔合わせとなった。

「絶対に勝ち切ってみんなの笑顔が見たいと思っていた。相手の攻め方はわかっていたので、気持ちの勝負でした」

 その言葉どおり、早田は強気の試合運びで袁を上回る。得意のフォアハンドからクロスに打ち込み、勝負どころではロングサーブを効果的に使うなど得点を重ねていった。そして、自らのマッチポイントで袁のボールがネットにかかった瞬間、重責から解き放たれた早田はコート上で崩れ落ちた。

「先を考えずに、とにかく一本一本に集中していました。『ここへ来たら、こう返そう』という、次の1点しか考えていませんでした」

 試合後、早田は『一本を大切に』『一本の難しさ』という言葉を何度も繰り返していた。それは報道陣へ向けた言葉というより、自身への戒めだったのかもしれない。

 勝敗の明暗を分けた第3マッチ、早田の脳裏によぎったのは2週間前の試合の記憶だった。

 3月2日に行なわれたジャパントップ12(世界選手権の代表選考会)の準決勝。同世代の加藤美優との対戦は、マッチカウント3-3で最終ゲームにもつれる試合になった。先にマッチポイントを掴んだのは早田だったが、10-4からまさかの逆転負け。個人戦の出場権を逃した世界選手権にはダブルスのみでの参加となり、東京五輪の選手選考に関わるポイントが得られないことになった。