2012.01.23

【卓球】福原・石川ペアは五輪メダル獲得への「最後のピース」になる

  • 小川勝●文 text by Ogawa Masaru
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

「全日本選手権は、私にとって本当に特別な大会で、どんな大会よりも緊張する大会。もし今回取れなかったら、もう取れないんじゃないかという思いでのぞんだので、優勝することができて、ひとつ壁を超えることができたかな、というふうに思います。プレッシャーがなかったと言えばうそになる。プレッシャーは感じなければいけない。プレッシャーがないということは、責任がないということと同じだと思うので。私の課題は、ずっと精神面で、こういう一番緊張する大会で、優勝することができた。これ以上緊張する場面は今後ないんじゃないかなって思います」

 一方の石川は、表彰式の間も、ほとんど表情を変えず、ずっと内省しているように見えた。

「私も力が出せなかったわけではなかった。今日は、愛ちゃんが素晴らしかった。まだまだ自分の実力が足りないと感じました。1ゲーム目を落としたあとに、どんどん戦術の切り替えをしていかないと。強い人とやった時は、自分がどんどん作戦を変えていかないといけない。今日はそれをすごく感じました。世界のトップ選手は、1本、2本、3本でどんどん戦術が変わっていく。愛ちゃんも世界のトップの選手ですので、同じ作戦ばかりでは勝てない。ここに打てばミスするっていうのは、ほとんどないので」

 福原は手応えをつかみ、石川は向上へのモチベーションを新たにした。これは村上監督の望むところだ。

 そして、その翌日に行なわれたダブルス。福原と石川のペアは、この種目2連覇中の藤井寛子・若宮三紗子組と、準々決勝で対戦した。藤井・若宮組は、昨年の世界選手権でベスト8に進出した実力派ペア。村上監督も、前日からこの対戦が「事実上の決勝戦」と語っていた。

 卓球のダブルスは、テニスと違い、ふたりの選手が交互に打たなければならない。非常に速い動きで、1球ごとに打つべき場所を交代しなければならないわけで、ふたりの息を合わせるには、時間をかけて、一緒に練習する必要がある。藤井・若宮組は、同じ日本生命の所属で、常にダブルス練習もやり込んでいるが、福原と石川は、ふたりとも企業チームには所属せず、個人で活動しているため、普段の練習は個別に行なっている。ダブルスに関しては、昨年11月のプロツアー・グランドファイナルでペアを組んで以来で、ふたり一緒の練習はまったくやっていなかった。

 その点を考慮したうえで、藤井・若宮組と、どういう戦いができるのか、注目された。