2022.05.23

町田瑠唯のWNBA移籍を実現させたホーバスHCの人脈。アメリカで活躍できる選手は「まだ3人いる」と売り込み中

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

トム・ホーバスHC「町田瑠唯WNBAデビュー」を語る@前編

 2月中旬、バスケットボール女子日本代表PG(ポイントガード)町田瑠唯とWNBAワシントン・ミスティックスの契約締結が報じられた時、多くのバスケファンが驚いた。町田のWNBAへの関心は薄いと思われていたからだ。しかし、五輪後にオファーをもらい、WNBAに挑戦したい気持ちになったという。

 4月中旬、29歳になった町田は所属する富士通レッドウェーブをWリーグ準優勝に導くと、慌ただしく渡米。ユニフォームをミスティックスに替えて5月6日(日本時間7日)のインディアナ・フィーバー戦でデビューを果たし、日本人史上4人目のWNBAプレーヤーが誕生した。

 多くのバスケファン同様、町田のアメリカ挑戦に心躍らせる人物がいる。東京五輪で女子日本代表を銀メダルに導いたトム・ホーバス・ヘッドコーチ(現・男子日本代表HC)だ。WNBAデビューを果たした教え子のプレーを、ホーバスHCはどのように見ていたのか心境を聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

4人目の日本人WNBAプレーヤーとなった町田瑠唯4人目の日本人WNBAプレーヤーとなった町田瑠唯 この記事に関連する写真を見る ---- 東京五輪後、ホーバスHCは「もっと日本の女子選手が海外で活躍するのを見たい」と言っていました。町田選手がWNBAデビューを果たして、今どのように感じていますか?

「本当にうれしいですし、これから活躍してもらいたいです。ルイはいいスタートをきったと思います。彼女はこれまであまり積極的にシュートを打つ選手ではありませんでしたが、私はもっとできるはずだと思ってきましたから(取材時直近の試合では31分間の出場で8得点、7アシスト、4リバウンド、スリーポイント3本中2本成功)。

 今はミスティックスでの新システムに慣れようとして、まずはそのシステムを忠実にやろうとしていることでしょう。また、ミスティックスのマイク・ティボーHC(兼GM)も、ルイに多くの出場時間を与えて様子を見ている状況だと思います」

---- シーズン開幕から3試合目にして、早くも先発出場を果たしました。