2018.12.27

100年にひとりの逸材。レアル・マドリードから
来たNBAの新人は何者?

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

 NBAは早くもシーズンの3分の1が終了した。イースタン・カンファレンスではボストン・セルティックスがスタートダッシュに失敗したものの、徐々に成績を上げて勝ち星を増やし、おおむねシーズン前の評価が高かったチームが上位争いを繰り広げている。

ルーキーながらチームに欠かせない存在となった19歳のルカ・ドンチッチ 一方、ウェスタン・カンファレンスは空前の大混戦。デンバー・ナゲッツ、ゴールデンステート・ウォリアーズ、オクラホマシティ・サンダーの3チームが頭ひとつ抜け出しているが、4位から14位までの11チームが5ゲーム差の中にひしめき合い、連日のように順位が乱高下している(12月26日現在)。

 そんな大荒れのウェスタンで注目したいチームが、ダラス・マーベリックスだ。

 マーベリックスは昨季のオールルーキーセカンドチームに選出されたデニス・スミス・ジュニア(PG)の欠場もあって、現在はウェスタン12位(15勝17敗)。ただ、開幕10試合で3勝7敗だったことを考えれば、それほど悲観するものでもないだろう。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 さらに、12月13日には左足首の手術で開幕から欠場していたダーク・ノビツキー(PF)が復帰し、徐々にコンディションを上昇させている。スミス・ジュニアもすでに練習を再開しているので、後半戦に向けてチーム力の向上は必至だ。

 そしてなにより、今年のマーベリックスは、「欧州のワンダーボーイ」こと19歳のルーキー、ルカ・ドンチッチ(SF)の成長が著しい。

 ドンチッチは、16歳の時にスペインのレアル・マドリードでプロデビュー。「100年にひとりの逸材」と呼ばれ、昨シーズンはユーロリーグ優勝、オールユーロリーグ・ファーストチーム選出、さらには史上最年少でのユーロリーグMVP、そしてリーガACBのMVPも獲得するなど、チーム&個人タイトルをほぼ総ナメにした。