2014.11.03

bjリーグ城宝匡史「全員プロならば、リーグを統一したい」

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

日本バスケ界に一言(3) 富山グラウジーズ・城宝匡史編

 JBA(日本バスケットボール協会)のガバナンス(統治)強化を筆頭に、男子の競技力低迷とトップリーグ分裂状態において、FIBA(国際バスケットボール連盟)から改革を求められている日本バスケ界。だが、改革の一番手であるリーグ統一に向けては期限内の10月31日までに改善案がまとまらなかった。これにより、日本のバスケットボール界は、FIBAから資格停止処分を受ければ、国際大会に出場できなくなる危機に瀕している。だからこそ今、実際に現場で戦う選手たちが声を上げることが必要だ。

「NBLとbjリーグの2つのトップリーグがあってはいけないのか」という疑問を持つ人も多いが、FIBAの要求は併存するトップリーグ状態を解消し、JBAの管理下でトップリーグを運営すること。「ひとつのリーグ(NBL)はJBAの管轄下にあり、もうひとつ(bjリーグ)はJBAの傘下から離れたところで機能している。この状況は、JBAが日本のバスケットボールを完全に管理できていないことを意味しており、それはFIBAの基本規程違反」という通達がFIBAから出ているのだ。

 現場で戦う選手の声を聞く第3回目は昨季、bjリーグでシーズンMVPを受賞した城宝匡史(じょうほう まさし)選手。bjリーグの歴史と同じく、入団して10年目を迎えるリーグ屈指のスコアラーだ。城宝選手のこだわりは「統一するならプロリーグでプロ契約選手」であること。また日本代表の強化についても、強く訴えたいことがあった。