2021.03.19

2輪ロードレースで世界王座を狙う中上貴晶「ホンダの期待に応える」

  • 西村 章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

MotoGPプレシーズンテストの中上貴晶。王座獲得への意気込みを語った いよいよ2021年シーズンのMotoGPが幕を開ける。開幕戦の舞台は中東カタール、ロサイル・インターナショナル・サーキットだ。毎年恒例のナイトイベントで、3月28日の現地時間夜に決勝レースがスタートする。

 20年に何度も表彰台をうかがう走りを見せて存在感を発揮した日本人選手の中上貴晶は、21年も昨年同様にLCR Honda IDEMITSUから参戦、今季は最新ファクトリー仕様のマシン体制で挑む。この開幕に先立ち、3月6、7日と10〜12日の2回に分けて同地で実施されたプレシーズンテストの内容や、開幕戦の手応えと来たるシーズンに向けた決意を中上に訊いた。

ーー開幕前のテストは、最終日の12日が強風の悪天候でほとんど走行できない状況になり、5日間のテストが実質上4日間になりました。予定していたテストメニューの消化や仕上がり具合はどんな状態ですか?

「21年モデルのマシンに乗る初めての機会で、しかも限られた時間でニューパーツのテストなどもたくさんあった中、最終日に悪天候でほとんど走れなくなってしまったのは、正直なところ、やや想定外でした。なので、開幕戦のレースウィークに備えてマシンのベースセットアップを隙なくまとめきるというところまではたどり着けませんでした。自分の印象としては、60パーセントくらいの仕上がり、といったところです」

ーー21年仕様の最新バイクで走った感触はどうでしたか?

「去年のデータを見ても、20年のファクトリーマシンと自分が乗っていた19年型では明らかにエンジンパフォーマンスが違っていました。実際に走ってみると、たとえばトップスピードは乗りはじめてすぐに違いを感じられるほどの差がありました。昨年までは、レースを組み立てるにしても、トップスピードが大きな課題でした。ドゥカティ勢の後ろについてしまうと、彼らの強みであるトップスピードで前を抑えられてしまうために、自分の長所を発揮して勝負を組み立てられなくなり、フラストレーションがたまることが何度もありました。

 もちろん自分のライディングで改善すべき点もあるのですが、HRC(ホンダレーシング)からは『トップスピードで苦労していた部分を、メーカーとして手助けしたい』という言葉をいただいたので、そこがカタールで改善できたのはいいことでした。それ以外にも車体面の調整などではもう少し時間がほしかったのですが、これから開幕戦までの数日間に、どういうバイクで臨むかHRCやチームのチーフメカニックとしっかりと相談をして詰めていきます」