2020.12.16

マルケスの「技」を盗めたか。中上貴晶がMotoGP参戦3年目を振り返る

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)にとって、3年目となる2020年のMotoGPが最も充実したシーズンだったといえるだろう。表彰台の登壇こそなかったが、フロントローを何度も獲得し、決勝レースではトップ争いの一角も占めた。3月の開幕戦がキャンセルになり、7月中旬の第2戦スペインGPからシーズンが再開したトリッキーな20年を、中上はどんな風に戦ってきたのだろう。そのシーズン総括と、21年に向けた展望について訊く。

MotoGP参戦3年目の今季をランキング10位で終えた中上貴晶
「開幕前にスケジュールを見たときは、3連戦がいくつも連続するので、慌ただしいシーズンになるだろうと覚悟をしたし、正直なところ不安もありました。けれども、始まってみると意外に平気でした。むしろ、あれだけ短い間隔でレースが続くと、特に同じサーキットで連戦は、最初のレースの反省点を活かして数日後にすぐ走ることができたので、自分にはとってはかえってよかったですね」(中上)

ーー20年は、中上選手のMotoGPクラス3年間で最も収穫の多かった一年ではないかと思うのですが、自分自身の実感としてはどうでしたか?

「結果的に、満足のいかないレースはたくさんありました。でも、金曜や土曜のフリープラクティスでは、レースを見据えてセッションを積み重ねていく中で、トップタイムを記録したことが何度もありました。決勝でも、表彰台や優勝が見えてきたシーズンでした。結局、表彰台には手が届かなかったけど、『勝てるかもしれない』と思えたのは大きな前進だったと思います」