2020.08.28

レッドブル・ホンダ、インディ500優勝に刺激。
劣勢も最適な妥協点を探る

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

◆「美しき世界のF1グリッドガールたち」はこちら>>>

 スパ・フランコルシャン・サーキットは世界屈指のドライバーズサーキットであり、レーシングドライバーなら誰もが好きだと明言する場所だ。

 しかしその一方で、セクター1とセクター3はそれぞれひとつしかコーナーがなく、それ以外は全開。全長7.004kmの1周のうち、約78%もの距離(時間では1周1分42秒の約68%)がスロットル全開という超高速サーキットなのだ。

レッドブル・ホンダが超高速サーキットに挑む 母国オランダに隣接するこのスパ・フランコルシャンは、マックス・フェルスタッペンにとって準地元グランプリである。毎年大勢の"オレンジアーミー"によって観客席が埋め尽くされる。

 しかし伝統的に、レッドブルはスパ・フランコルシャンを苦手としてきた。いや、レッドブルが苦手というよりも、パワーに勝るメルセデスAMGやフェラーリが優位に立ち続けてきたと言うべきだろう。

「トップスピード。長いストレートが多い。ダウンフォースレベルとのバランスを取るのが難しい。だからここは伝統的に僕らには合っていない」

 フェルスタッペンはそう言い切る。その状況は、今年も変わらない。

 ホンダはフェラーリやルノーを上回る性能を発揮しているようだが、メルセデスAMGとの間にはとくに予選で大きな差をつけられている。

 予選パワーでメルセデスAMGの後塵を拝しているだけでなく、バルセロナでは高速コーナーの弱さも露呈した。メルセデスAMGに勝っているエリアがひとつもないどころか、コーナーではレーシングポイントやフェラーリより劣っている箇所さえあった。

 ということは、パワー差がより大きくタイムに反映されるスパ・フランコルシャンでは、メルセデスAMGとの差が大きくなり、レーシングポイントとの差が縮まることを意味している。

「僕らはトップ争いができる状況にない。純粋なペースを見れば、計算上、僕らは遅すぎる。僕らが勝つためには、メルセデスAMGのミスや不運を待つしかない。まだまだやらなければならないことは山積みだよ」(フェルスタッペン)