2019.08.23

佐藤琢磨はスケープゴートか。
インディ多重クラッシュで「犯人扱い」

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano
  • 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 ペンシルベニア州のポコノレースウェーで開催された2019年インディカー・シリーズ第14戦ABCサプライ500で、1周目にトップグループの5台が絡む多重クラッシュが発生した。

 1周目のターン1とターン2の間で、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)の3台が絡んでイン側の壁にヒット。それに後続のジェームズ・ヒンチクリフ(アロウ・シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)、フェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ・レーシング)も巻き込まれた。

第14戦ポコノで、1周目のクラッシュによりリタイアとなった佐藤琢磨 ローゼンクヴィストのマシンは浮き上がってアウト側のキャッチフェンスにぶつかり、琢磨のマシンはハンター-レイのマシンの上に裏返しになって止まった。ローゼンクヴィストは背中などに痛みを訴えたが、緊急性はないと判断されて、空路ではなく陸路で病院へ搬送。精密検査後、すぐさま「問題なし」とされて解放された。幸い琢磨にもケガはなかった。

 ポコノでは昨年も多重アクシデントがあった。ターン2でハンター-レイのイン側にロバート・ウィッケンズが飛び込み、2台は並んだまま超高速コーナーに進入して接触。ウィッケンズの車は完全に宙へと舞い上がってキャッチフェンスに激突した。ウィッケンズは高速から急激にストップした衝撃で脊髄を損傷し、下半身麻痺となった。さらに2015年には、ターン1で発生した単独クラッシュで飛び散った破片がジャスティン・ウィルソンの頭部に当たり亡くなるという事故も起きている。

 近年のインディカーのダウンフォース発生量だと、ポコノのターン2をサイドバイサイドでクリアするのは難しい。しかし、それが可能だとトライするドライバーはいる。

 去年の場合、ウィッケンズはイン側にポジションしていたことも手伝い、パスが可能、もしくはそのままラインをホールドしてターン2を走り抜けられると考えた。しかし、ハンター-レイの頭にあったのは、「ターン2で2台並走は不可能」ということ。明確に先行していた彼は相手が引き下がるものと決めてかかり、走行ラインをイン側に下げ、接触は起こった。