「燃費ならホンダが優位」を覆す、
シボレーの進歩と超絶ドライビング

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 ホンダとシボレー、どちらが燃費でアドバンテージを持っているのか。インディカーグランプリの終盤戦を見ただけでは判定が難しいが、少なくともシボレーに十分な競争力が備わっているのは確かだろう。

「シボレーのエンジニアたちは開発の手を休めない。少しでも性能を上げようと努力を続けている。ライバルとの差を見つけたら、その差を埋めようと全力を投入する」と、パワーはシボレー、そしてイルモア・エンジニアリングのスタッフを讃えた。

 パワーはキャリア33勝目を記録した。それはチーム・ペンスキー入りしてからの30勝目だった。そして今回の勝利は、チーム・ペンスキーにとって記念すべきインディカーでの200勝目となった。

◆悔しいぞ、トロロッソ・ホンダ。弱点を改善、マシンは最高だったが...>>>

◆レッドブル供給の布石か? ホンダの新モーターホームが2倍の充実度>>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る