2018.04.12

国内でもホンダ祭り。危機一髪、
スーパーGT開幕戦でワンツー決めた

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 4月7日~8日、国内最高峰の4輪レース「スーパーGT」の2018シーズンが開幕した。レクサス(トヨタ)、日産、ホンダの「三つ巴」によるGT500クラスのバトルを制するのはどこか――。開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットは、レース前から大いに盛り上がった。

優勝したKEIHIN NSX-GT(右)と2位のRAYBRIG NSX-GT(左) シーズン前の公式テストでのタイムはいずれも拮抗し、今年も接戦が予想されていた。しかし、いざフタを開けてみると、予選でホンダ勢がライバルより頭ひとつ抜ける速さを見せつけた。そして決勝もナンバー17 のKEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史)が制し、ナンバー100のRAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が2位。ホンダ勢がワンツーフィニッシュを決めたのである。

 1年前の2017年、この開幕戦でホンダ勢は大きな屈辱を味わった。参戦する5台全車に同じ電気系トラブルがほぼ同時に発生。スタート後の数周で次々とマシンがストップしてしまう悲劇に見舞われた。また2016年の開幕戦では、ホンダ勢5台全車が予選Q1敗退という苦い思い出もある。

 そんなここ数年の傾向から、「ホンダ勢は開幕戦に弱い」というレッテルが貼られ、今年もパドックの一部では「どうせホンダは今年も勝てないだろう」という声が聞こえていた。しかし、今年のホンダは王座を奪還すべく、車体・エンジンなど改良可能な部分を徹底的に見直してきたという。NSX-GTの車体・エンジン開発で指揮を執る佐伯昌浩GTプロジェクトリーダーは、開幕戦にかける思いをこのように語っていた。

「昨年までの課題を克服するため、車体は冬の期間にテストを徹底的に繰り返してきましたし、エンジンも開幕戦をターゲットに絞った仕様で作り込んできました。開幕戦やシリーズ終盤戦など比較的気温が低い時期は強さを発揮できると思います。その分、シーズン中盤の夏場のレースは苦しくなると思いますが、それも覚悟の上です。だから、この開幕戦は絶対に獲らなければならないんです」