2018.02.10

Moto2&3を走る日本人ライダー5人。
注目は2000年生まれ

  • 西村章●取材・文・撮影 text & photo by Nishimura Akira

昨年の最終戦でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した佐々木歩夢「さすがにもう4年目なので、表彰台には立たなければならないと思っています」

 毎レース大混戦の激闘が続くこのクラスで、昨年は何度も上位陣に食い込んで存在感を一気に高めた反面、あともう少しのところで転倒してチャンスをフイにすることもたびたびだった。

「去年1年を経験したことでだいぶ自信もついたので、もう焦って無理をして転ぶこともないと思います。Moto3は誰が来るか予想がつかないクラスなので、開幕戦から皆を驚かせるような位置で走りたいですね。そして、それが自分の当たり前の位置になるように、1年間を戦っていきたいと思います」

 鈴木同様に、昨年おおいに注目を集めた17歳の佐々木歩夢(ささき・あゆむ/Petronas Sprinta Racing)は、最終戦でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したが、当人としてはけっして満足できない1年だった、と去年の戦いを振り返る。

「ルーキー・オブ・ザ・イヤーはチームにとってはよかったけど、自分の走りという意味では、今までのバイク人生で一番悔しい年でした。今年は2年目のシーズンで、自分もチームもすでにお互いを理解しているので、去年よりもいい感じでテストに入ることができています。

昨年のルーキーシーズンは苦しんだ鳥羽海渡 今年は、心の中ではもちろんチャンピオンを目指しているけど、まず第一歩として一戦一戦に集中しながら、できれば開幕戦のカタールからでもさっそく表彰台に乗れるように、バイクのセッティングと自分自身を仕上げていきます」

 一方、佐々木と同様にルーキーシーズンを戦いながら、2017年は世界選手権の厳しい洗礼を受ける格好になったのが鳥羽海渡(とば・かいと/Honda Team Asia)だ。

 第2戦のアルゼンチンでいきなり10位に入賞して高い資質を披露したが、以後のレースでは苦戦してポイント圏内に届かない結果が続いた。ライディングにも迷いが生じて精神的に沈みがちになることも多かったが、今年は心機一転、強い意気込みで表情も明るくバレンシアテストを迎えた。