2017.09.20

エアレース年間王者へ。室屋義秀が
ギリギリ「賭けのフライト」に勝つ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by red bull

 室屋義秀マルティン・ソンカ――。2017年シーズンのレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにおいて、常にチャンピオンシップポイントランキング(年間総合順位)のトップを争ってきたふたりだ。

第7戦のレースを終え、笑顔を見せる室屋 まず今季開幕戦(アブダビ)で優勝したのは、ソンカである。優れた機体性能に加え、技術的にも安定してきていることは明らかで、開幕早々に"ソンカ強し"を印象づけた。

 続く第2戦(サンディエゴ)で優勝したのは、室屋だった。室屋は続く第3戦(千葉)も連勝して一歩リードするも、ソンカも第6戦(ポルト)で2勝目を挙げるなど、ポイントを積み重ねてきた。

 シーズンもなかばになると、ふたりの争いにカービー・チャンブリス、ピート・マクロードが加わり、ポイントのうえでは4強の様相を呈してきた。それでもなお、室屋は「最も警戒すべきはソンカ」と口にしてはばからなかった。

 ふたりの争いに変化が生まれたのは、最近2戦のことだ。第5戦(カザン)と第6戦で、室屋がトータル5ポイントしか獲得できなかった一方で、ソンカは17ポイントを上積み。チャンピオンシップポイントランキングでトップに立つソンカとは対照的に、室屋は4位に後退し、ソンカとのポイント差も「10」にまで広げられた。

 今季残されたレースはわずか2戦。絶望的とまでは言わないまでも、かなり厳しいポイント差。客観的に見れば、そう言わざるをえない状況だった。