2014.05.27

【F1】今季未勝利。苦悩する王者・ベッテルは浮上できるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

5月特集 F1 セナから20年後の世界
「ノーパワーだ! 頼むよ、本当に!」

 昨季まで4年連続で王座を獲得しているセバスチャン・ベッテルは、苛立ちを抑え切れなかった。モナコGPの決勝が始まってからわずか4周。3位という好位置を走っていた彼のマシン、レッドブルRB10に搭載されたルノーのパワーユニットは、またしても大きく出力を落としていた。

昨季まで4連覇を達成しているベッテルだが、今季は未勝利 チームからの指示を受け、何度も電子制御システムを再起動してエンジンモードを変更し、問題解決の可能性を模索したがうまくいかない。半ばコンピュータのような2014年型パワーユニットは、再起動して問題が解決することもある。事実、予選では再起動して設定を変えることで、騙し騙し走ることができた。だが、決勝でその手は通じなかった。

「ターボがクリーンに回っていないようだ。周りのマシンを邪魔してしまっている」

 スローダウンして次々と後続に抜かれていったベッテルは、無線の指示でピットへ呼び戻された。そして、一度はコースに戻ったものの、やはり状況の改善は見られなかった。ターボ過給なしで、排気量1.6リッターのエンジンだけで走るのはどう考えても無理だった。

「ガッカリだよ。いいスタートが切れたのに、すぐにターボのブースト圧を失って、パワーがなくなったんだ。ターボ過給がないんだから、ものすごくパワーのない状態だ。システムを再起動してなんとか修復を試みたけど、ダメだった。コクピットの中でやれるだけのことはやったよ。でも何が起きているのか分からなかったし、無力感でいっぱいだった……」

 度重なるトラブルにレースを台無しにされたベッテルは、名指しこそしなかったものの、パワーユニットの信頼性不足に対する苛立ちをそう表現した。その声のトーンは低く乾いていて、明らかに怒気を含んでいた。

 ベッテルがこれだけ感情を露わにすることは珍しい。その背景には、ヨーロッパラウンドに入ってから見えてきた明るい兆しが、「今回のモナコでようやく結果につながるはず」という思いがあったからだ。