2014.04.16

【F1】小林可夢偉に小さな手応え。「やっとマトモに走り出した」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 バーレーンGPのレースが終わり、マシンを降りたドライバーたちが次々と表彰台裏のミックスゾーンに姿を見せ、世界各国のテレビレポーターたちが向けるマイクに向かって喋り始める。レースを終えたばかりの熱気とともに英語だけでなくさまざまな言語が飛び交う喧噪(けんそう)の中で、小林可夢偉は辺りをぐるりと見回し、誰からも声をかけられることなくその場を立ち去った。

「15位完走」。その”結果”だけを見れば、海外メディアたちのそれは当然の反応と言えた。

 しかし、可夢偉にとってのバーレーンGPの”内容”は十分に賞賛に値するものだった。

マレーシアGP、バーレーンGPと2戦連続で完走した小林可夢偉「今週はトラブルフリーで週末を過ごすことが目標です」

 開幕から一歩ずつ前進しているとは言え、ここまでケータハムの週末には何かとトラブルがつきまとってきた。フリー走行でマシンを煮詰め、タイヤを確認し、予選・決勝で今の実力を出し切ること。可夢偉は開幕からの2戦でそれができたとは思っていない。

“今の実力”でどこまで戦えるのか、まずはそれを確かめたかった。

「まだ、やっとマトモに走り出したっていうクルマですからね。馬が産まれてやっと歩き出したくらいのレベル(笑)。そんなときに何を言うてもしょうがないでしょ?」

 金曜午前のフリー走行で、可夢偉は自身のシートをリザーブドライバーのロビン・フラインスに譲った。彼が持ち込む多額の資金がチームの助けになるのなら、可夢偉は喜んでシートを譲る。初回フリー走行など、可夢偉にとってはたいしたことではない。今の可夢偉にはそう言い切って笑い飛ばす余裕がある。セッション中にガレージでメカニックと一緒になって床磨きをして笑いを取る余裕すらあった。

「ゆっくりお昼ゴハンも食べられたし、良かったですよ(笑)。いっそのこと、今年はフリー走行を走らないでもいいかなっていうくらいです。壊れてイライラするんやったらね。とりあえず(市街地サーキットの)モナコとシンガポールでは(コースが狭いため)クルマを壊されたら困るし、鈴鹿で(自分以外のドライバーが)走ったら、ツイッターが炎上するから、それだけはやめとけっていうのが僕からの忠告(笑)。それ以外はご自由に」