2013.03.28

【MotoGP】開幕直前。「トップ4」それぞれの思惑

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira photo by Nishimura Akira

連覇を目指すヤマハのホルヘ・ロレンソ■開幕前のヘレス・テストでトップタイムを出したのは?

 来週のカタールGPから2013年シーズンがスタートするMotoGP。新シーズン開幕を目前に控え、スペイン・ヘレスサーキットで行なわれたプレシーズンテストは、最終日の終了間際にカル・クラッチロー(モンスター・ヤマハ Tech3)が最速タイムを記録して三日間のスケジュールを締めくくった。

 クラッチローは、MotoGP2年目の昨年もたびたびファクトリー勢を凌ぐ速さを発揮し、機知の効いたジョークの面白さとも相まって、人気と注目を集めていた。

 トップタイムで終わった今回のテストでも「開幕戦カタールでは1秒差を開いて勝つ!」と笑いを取った後に、「トップファイブで終わることが目標かな」と現実的なターゲットを語った。今年もサテライト体制という不利な状況に変わりはないものの、クラッチローは昨年以上に存在感を発揮し、ときに優勝争いにも顔を出すような「厄介な」存在になるだろう。

 さて、そのトップグループだが、今年のチャンピオン争い最右翼候補と目されているホルヘ・ロレンソ(ヤマハ・ファクトリー・レーシング)とダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)は、ともに落ち着いた開幕準備を進めてきた。

 ロレンソはテスト3日目にレースを想定したロングランを実施。ラスト3周でも序盤周回に匹敵するラップタイムを記録し、持ち味である高水準の安定感を存分に披露した。

 このレースシミュレーションでは、ロレンソはヤマハが今回投入した新型シャシーで走行。「スタンダードと比較して大きな差異はない」という評価を下したが、「新しい部品を投入したからといって、夢のような大変化が起こるわけではないことは充分にわかっている」として、開幕戦でもふたたびこのシャシーを使用して様子を見てみる方向のようだ。