2022.05.11

三冠牝馬デアリングタクト、復活の可能性は? ヴィクトリアマイルでの走りを考える

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Sankei Visual

 あのヒロインがついにターフに帰ってくる。

 一昨年、驚異の末脚を武器にして、無敗のまま牝馬三冠を達成したデアリングタクト(牝5歳)だ。昨春の海外GIクイーンエリザベスII世C(3着。香港・芝2000m)のあと、1年以上にも及ぶ休養を経て、5月15日のGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で戦列復帰を果たす。

ヴィクトリアマイルでおよそ1年ぶりの実戦復帰を果たすデアリングタクトヴィクトリアマイルでおよそ1年ぶりの実戦復帰を果たすデアリングタクト この記事に関連する写真を見る  牝馬三冠もさることながら、アーモンドアイ、コントレイルとの三冠馬対決となった一昨年のジャパンC(東京・芝2400m)は「歴史的な一戦」と称された。そこでデアリングタクトは、2頭の三冠馬にこそ先着を許したものの、それ以外の馬には先着を許さず、三冠馬としてのプライドを示した。

 ただその後は、やや精彩を欠いた。

「歴史的な一戦」のあと、年明け初戦となった昨春のGII金鯱賞(中京・芝2000m)では、逃げ馬を捕えきれずに2着となった。続いて、冒頭でも触れた海外GIのクイーンエリザベスII世Cでは、断然の1番人気に支持されながら日本馬2頭の後塵を拝して3着に終わった。

「こんなはずではない」――多くのファンが何かモヤモヤッとした心境を抱いたはずである。そしてその矢先、陣営からデアリングタクトが「右前肢繋靭帯炎を発症した」と発表された。

 繋靭帯炎とは、馬の蹄付近の「つなぎ」と呼ばれる部分にある靭帯が炎症を起こすもの。屈腱炎と並んで、サラブレットには「不治の病」とされている。

 事実、シーザリオ、ハープスターなど歴代の名馬たちが何頭も、この病が原因で引退に追い込まれている。デアリングタクトの父エピファネイアも、引退の理由は繋靭帯炎を発症したことだった。