2021.10.15

穴党記者が秋華賞での激走を見抜いた伏兵。地力を秘めた2頭が春の実績馬を脅かす

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 全兄はダービー馬ワグネリアンという良血。馬体の成長やスタートに難があって出世は遅れたが、ようやくGIの舞台にたどり着いた。

「以前は線が細く感じましたが、前走では中山までの長距離輸送を経て、プラス8kgでの出走。馬体重こそ416kgでしたが、数字以上に馬体の成長が感じられました。

 この中間も短期放牧を挟んで、体が維持できているのは好材料。輸送距離が短くなるここは、さらにパフォーマンスを上げられそうです。

 今回もスタートがカギになりますが、この中間でも練習を積んでおり、前走よりもしっかりと出る可能性が高いです。そうなれば、もう一列前での競馬も可能。そこから、前走のような力強い末脚を繰り出すことができれば、好勝負に持ち込めるのではないでしょうか」

 大西記者はもう1頭、ステラリア(牝3歳)にも注目する。

「前走のオークスでは大外枠で競馬の形が限定され、能力を出しきれずに13着と惨敗を喫しましたが、本来はこのメンバーに入っても十分に通用するポテンシャルの持ち主です。

 オークスからの直行となるものの、ここまで丹念に乗り込まれており、追いきりの動きからは活気が感じられ、力を出せそうな仕上がり。春よりもひと回り大きくなっていて、走りにパワフルさが加わった印象で、心身ともに成長著しいです」

 コース適性という面でも、ステラリアにはアドバンテージがある。

「阪神・芝2000mは、今春のオープン特別・忘れな草賞(4月11日)で強い勝ち方をした舞台。条件的にも申し分ありません。

 その忘れな草賞では1分58秒0という勝ちタイムをマークして、持ち時計的にも文句なし。加えて、決め手も兼ね備えているため、どんな競馬にも対応できます。

 今回はテン乗りとなりますが、鞍上を務めるのは名手・武豊騎手。ステラリアの持ち味を存分に発揮させてくれるでしょうし、うまく自分のリズムで運べるようなら、勝ち負けがあっても不思議ではありません」

 ソダシの他にも、オークス1着のユーバーレーベン(牝3歳)、同2着のアカイトリノムスメ(牝3歳)など、春の実績馬がズラリと顔をそろえた。その分、ここに挙げた2頭が人気薄となることは間違いないが、いずれも地力を秘めており、人気ほどの実力差はないはず。素質どおりの走りを見せることができれば、思わぬ高配当をもたらすかもしれない。