2021.10.03

「すばらしい馬」5億円馬ショウナンアデイブ。高野調教師もホレボレする動き

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第19回:ショウナンアデイブ

 昨年行なわれた競走馬のセリ市「セレクトセール」において、1歳馬部門における史上最高額で落札された馬がまもなくデビューを迎える。

 栗東トレセンの高野友和厩舎に所属するショウナンアデイブ(牡2歳/父ディープインパクト)である。

昨年のセレクトセールで5億円超えの高値で取引されたショウナンアデイブ昨年のセレクトセールで5億円超えの高値で取引されたショウナンアデイブ この記事に関連する写真を見る  ショウナンアデイブの落札額は5億1000万円(税別)。残り少ないディープインパクト産駒であることに加え、母シーヴがすでに活躍馬を送り出していることが、これほどの高額落札につながったのだろう。

 当初、アメリカで繁殖生活を送っていたシーヴ。彼女の名前を世に知らしめたのは、2013年に生んだキャスリンソフィア(牝/父ストリートボス)の活躍だ。同馬はGII2勝を含めて無傷の4連勝を飾ると、初のGI戦でも3着と奮闘。続くGIケンタッキーオークス(アメリカ・ダート1800m)で見事に戴冠を果たした。

 アメリカでGI馬を出したシーヴはその後、日本に来てノーザンファームで繁殖生活を継続。日本ではまだ活躍馬は出ていないものの、その血統の注目度は非常に高い。そして、高値で落札されたこともあって、競馬ファンから熱い視線を浴びているのが、ショウナンアデイブだ。

 デビュー戦の予定は、10月9日の2歳新馬(阪神・芝2000m)。そこに向けて、調教では速い時計を出し始めている。その動きを見て、管理する高野調教師はどう評価しているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。