2021.08.01

クイーンSは超大穴狙い。東京五輪に隠された馬券のサインを読み切った

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by Kyodo News

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「いやぁ~、東京五輪、盛り上がっていますね! 開幕まではドタバタが多く、どうなることかと思っていましたが......」

所長「連日、日本人選手がすばらしい活躍を見せておるからの。ワシなんか、テレビの前から離れることができんわ。ガハハハッ(笑)」

研究員「そうなると、クイーンSの馬券のヒントは東京五輪に隠されていそうですね。金メダルラッシュということを考えれば、"ゴールド"シップ産駒のウインマイティーとか面白いんじゃないですか!」

所長「そりゃ、余りにもベタすぎじゃろ」

研究員「じゃあ、柔道男子66kg級で見事に金メダルを獲得した阿部一二三選手にあやかって、馬番の1番、2番、3番のボックス勝負!っていうのはどうですか?」

所長「阿部選手に目をつけたのは、悪くないと思うぞ。JRAと言えば、柔道だからな。同柔道部からは小川直也選手をはじめ、過去にメダリストがたくさん出ておるしな。ただ、今回はJRA所属の選手はひとりも出場しておらんのじゃ」

研究員「100kg超級の原沢久喜選手はすでにJRAを退社していましたね」

所長「じゃがの、実は出場選手の中には、JRA以外にも競馬と関わりがあるところに所属している選手が結構おるんじゃ。

 阿部選手や60kg級で金メダルを手にした高藤直寿選手は、パーク24(株)所属。冠名『カフェ』でお馴染みの馬主さんが代表を務めておって、100kg級で金メダルに輝いたウルフアロン選手が所属する了德寺大学は、『テソーロ』の馬名で知られる馬主さんが学長を務めておる」

研究員「ですが、今回は『カフェ』の馬も『テソーロ』の馬も出走していませんよ。......ん? ローザノワールの父がマンハッタンカフェですね!」