2021.07.11

七夕賞のサインはやはり「七夕」にあるのか? それとも「東京五輪」か…

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by Kyodo News

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「今週は七夕賞。やはり、七夕(7月7日)ってことで、7番や7枠の馬を狙いたくなりますね。しかも今年は、7枠14番のワーケアに田辺裕信騎手が、7枠13番のプレシャスブルーに柴田善臣騎手が騎乗。ふたりの騎手の名字を合わせると"タナ(べ)""(シ)バタ"になります! どうです、所長?」

所長「ほぉ~、面白いんじゃないか。目のつけ所は悪くないと思うぞ。実際のところ、7番の馬は1987年を最後に、7枠の馬も2009年以降、勝ち馬が出ておらんが、レース名の"七夕"が重要なキーであることは間違いないからな」

研究員「七夕と言えば、天の川を隔てて会うことができなくなった織姫と彦星が、一年に一度だけ会うことができるといった恋物語が有名です。"恋"ということで、クレッシェンド"ラヴ"はどうでしょう。同馬は、昨年1着、一昨年も2着と好走していますから、今年も要注意です。

 あと、夜空に輝く星座のお話ということを考えれば、アール"スター"も軽視できません」

所長「そのスジでいくなら、馬名が『おうし座とふたご座』という意味のトーラスジェミニや、『空の神』という意味のワーケアも外せんぞ」

研究員「う~ん......、こうなると悩みますねぇ。どの馬からも激走ムードが漂っていますし......」

所長「ガハハハッ(笑)。大いに悩め、若者よ。ところで、まもなく東京五輪が始まるな。おまえら若者は興味があるのか?」