2021.06.05

ほのかが安田記念で厳選した6頭。本命はグランアレグリアも有力馬2頭を消した

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 前回、スポルティーバさんで予想させてもらったGINHKマイルCでは、自信の本命だったバスラットレオンが、スタート直後にまさかの落馬で競争中止。まったく思いもしない展開となりました。その瞬間は、ちょっと呆然としてしまいました......。

安田記念の予想をしてくれた、ほのかさん安田記念の予想をしてくれた、ほのかさん この記事に関連する写真を見る

 でも、レース後に馬がつまずいた瞬間の映像を見てみたら、あれだけ大きく体勢が崩れたらジョッキーも落ちてしまいますよね。予想が外れたことは残念でしたが、鞍上の藤岡佑介騎手が無事だったことにホッとしました。

 さて、気を取り直して、今回は安田記念の予想です。

 安田記念というと、いわゆる"リピーター"が活躍するレースといった印象が強いですね。過去5年の結果を振り返ってみても、ロゴタイプ、アエロリット、インディチャンプ、アーモンドアイらが2年連続で馬券圏内(3着以内)に入っています。

 そう考えると、やはり本命(◎)は前年覇者のグランアレグリア。前走のGIヴィクトリアマイルも強かったですからね。

 しかも、今の東京競馬場はGI日本ダービーでもレースレコードが記録されたように、とても速い時計が出ています。前々走のGI大阪杯では馬場が悪くて4着に敗れましたが、これまで高速決着で結果を残してきた彼女にとっては、ぴったりの馬場だと思います。週末の天気がよさそうなのも何よりです。

 圧倒的1番人気だったアーモンドアイが2着に敗れた昨年のレースと重ね合わせて、今年のグランアレグリアを不安視する声もありますが、私は逆にプラスに捉えています。だって、そこでアーモンドアイに勝ったのは、グランアレグリアなんですから。正直、ここでは負ける気がしません。

 対抗(○)は、インディチャンプです。

 一昨年はマイルGIの春秋連覇(安田記念、マイルCS)を遂げて、昨年のこのレースでも3着と好走。この馬も"リピーター"として外せません。

 前走のGI高松宮記念は3着でしたが、1頭だけ馬場の悪い内を走ってのもの。着順以上に強い競馬をしたと思います。6歳になっても衰えがないことも感じられましたし、ここでも好勝負を演じてくれるのではないでしょうか。

 そして、鞍上は福永祐一騎手。安田記念は得意としていますし、ダービーで連覇を果たしたばかり。その勢いからして、一段と期待が膨らみます。