2021.05.07

NHKマイルCの過去の激走馬を徹底分析。高配当を呼ぶ4頭に行き着いた

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 3歳馬の「マイル王」を決めるGINHKマイルC(東京・芝1600m)が5月9日に行なわれる。

 このレースは春のGIの中でも、とりわけ波乱の多いレースと言っていいだろう。過去の10年の結果を振り返ってみても、3連単の配当が10万円を超えた年が7回もある。

 なかでも、2013年は10番人気のマイネルホウオウが大金星を挙げて、6番人気のインパルスヒーローが2着、8番人気のフラムドグロワールが3着に入って、3連単は123万5600円という超高配当をつけた。

 ここ最近も、2019年には14番人気のケイデンスコールが2着と激走し、2020年にも9番人気のラウダシオンが勝利するなどして、高配当を生み出している。

 ならば、このレースにおいては"荒れる"と踏んで、馬券勝負に徹してみるのも悪くない。ということで、過去の10年の結果を参考にして、今年のレースでオイシイ配当をもたらしてくれそうな"穴馬"を探し出してみたい。

 まず、面白い存在と言えるのが、GIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)の勝ち馬である。

 NHKマイルCの舞台となる東京競馬場と同様、左回りで、しかも直線の長い新潟競馬場で行なわれていることもあってか、同レースで結果を残した馬がしばしばNHKマイルCでも上位争いを演じている。

 例えば、2015年の3着馬ミュゼスルタン(2番人気)、2016年の2着馬ロードクエスト(2番人気)、先にも触れた2019年の2着馬ケイデンスコール(14番人気)らがそうだ。

 そして、今年も新潟2歳Sの勝ち馬がいる。ショックアクション(牡3歳)である。

 新潟2歳Sを制したあと、同馬は2戦続けて惨敗を喫している。そこからの一変はなかなか厳しいように感じられるが、過去の例として挙げた3頭も、新潟2歳Sのあとに苦杯をなめたりしながらも、NHKマイルCで巻き返しを遂げている。

 そういう意味では、ショックアクションの復活があっても何ら不思議ではない。今回は人気急落必至。馬券的な妙味は増しているだけに、超高配当を狙うのであれば、押さえておきたい1頭だ。