2021.04.03

ほのかが予想する大阪杯。「2強」以外で注目している馬は?

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 では、大阪杯の予想に入りましょう。過去5年の同レースから、私が重視した主な条件は以下の3つです。

(1)前2走が5着以内
(2)4歳から6歳
(3)ディープインパクト産駒

 人気になるのは、コントレイル、グランアレグリア、サリオスでしょうが、この「3強」の中から私が消すのは、サリオスです。

 3つの条件のうち、サリオスが該当しないのは3番目だけなので、大きなマイナス材料はないのですが、気になるのは前走のGIマイルCSでの負け方です。デビュー以来、初めて連を外して5着に敗れたばかりでなく、勝ったグランアレグリアにおよそ2馬身差をつけられての完敗でした。

 そう考えると、グランアレグリアとの相性もよくないのかな、と。そんなことも感じて"消し"としました。

 残る2頭は、3つの条件すべてに該当。人気でも逆らうわけにはいきません。

 そして、本命(◎)はグランアレグリアです。

 前走のマイルCSの勝ち方がとても印象的でした。最後の直線で前が開かずに包まれていたのに、そこからの末脚がすごかった! さらに、今回の出走メンバーの中で、アーモンドアイに勝っているのはグランアレグリアだけ。力関係を考えても、一番強いと思っています。

 ポイントは距離延長。これまでのレースは1600mが最長で、そこから400m距離が延びる点が一般的にも不安視されています。でも個人的には、彼女のレースぶりからして、距離が延びても問題ないと見ています。

 対抗(○)はコントレイル。昨年の三冠馬で、今回は条件的にもまったく不安はありません。

 昨秋のジャパンC以来のレースとなりますが、過去にも休み明けを苦にすることなく、結果を出しています。その点は気にしなくても大丈夫でしょう。

 コントレイルはアーモンドアイに負けているので、印のうえではグランアレグリアを上にしましたが、2頭の差はほとんどないと見ています。頭一つ抜けた存在だと思うので、グランアレグリアとの勝負は見ものです。

 ▲はレイパパレ。デビュー以来、無傷の5連勝。ここでも馬券に絡む確率が高いと思うので、外せない1頭です。

 前走では、大阪杯と同じ舞台のGIIIチャレンジCで牡馬相手に快勝。ディープインパクト産駒ですし、先行、あるいは好位から抜け出す競馬をして、末脚がしっかりしているのも魅力です。GI初挑戦ですが、能力的にはここでも戦える力があると思っています。

 特注馬(☆)には、ワグネリアンを抜擢したいと思います。

 同馬もディープインパクト産駒で、大阪杯においては昨年5着、一昨年も3着と確実に掲示板に載る成績を残している点がプラス材料。今回は吉田隼人騎手と初ダッグを組むことになり、それによって新味が引き出されれば、復活する可能性も!

 △はブラヴァス。前走のGII金鯱賞では10着と惨敗を喫しましたが、中京の荒れ馬場が向かなかったと見て、度外視したいと思います。

 阪神・芝2000mでの戦績は3戦1勝、2着2回と連対率100%。相性のいい舞台での巻き返しを期待しています。

 2強が飛ぶことはちょっと考えにくいけれど、人気薄が1頭、3着以内に入ってくれれば......そんな結果を期待しています。