2021.03.26

高松宮記念は近年「大荒れ」傾向。その理由を知る穴党記者が2頭を推す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Msamitsu
  • Photo by Eiichi Yamane/AFLO

 春のスプリント王決定戦となるGI高松宮記念(中京・芝1200m)が3月28日に行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ると、1番人気は2勝、2着0回、3着3回、着外5回と振るわず、波乱含みのGIと言える。しかも、ここ数年は大荒れの傾向にある。

 一昨年は、3番人気のミスターメロディが勝利し、2着に12番人気のセイウンコウセイ、3着に17番人気のショウナンアンセムが突っ込んできて、3連単は449万7470円という超高配当をつけた。さらに昨年は、9番人気のモズスーパーフレアが勝って、2番人気のグランアレグリアが2着、4番人気のダイアトニックが3着に入って、3連単は21万7720円の高配当となった。

 そして今年も、1番人気が予想されるレシステンシア(牝4歳)に騎乗予定だった武豊騎手が負傷。急きょ浜中俊騎手に乗り替わりとなって、波乱ムードが漂っている。

 中日スポーツの大野英樹記者は、高松宮記念が近年「荒れる」理由についてこう語る。

「高松宮記念が波乱となるのは、電撃戦とはいえ、馬場がパワフルになることがその一因。スピードに偏っている人気馬にとっては、厳しい状況にあるのは確かです」

 続けて大野記者は、今年も荒れると踏んでこんな見解を示す。

「今年は京都競馬場の改修工事によって、中京競馬場の馬場は例年以上に酷使されています。さらに先々週、先週と雨の中で競馬が行なわれ、一段と悪化してきました。今年の高松宮記念もパワー勝負になると見ています」

 そこで大野記者は、昨年はドバイ遠征(中止)に臨んでこのレースを見送ったライトオンキュー(牡6歳)を推奨する。