2021.02.27

中山記念は勢いある若手騎乗の2頭が有力。穴は大ベテランが操る曲者

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週から関東では中山開催がスタート。その開幕を飾るのは伝統の重賞、GII中山記念(2月28日/中山・芝1800m)です。

 近年はGIに昇格した大阪杯(阪神・芝2000m)や、ドバイ遠征前のステップレースとして注目されていますが、もともとGI馬やGI級の馬たちの始動戦として、毎年大きな関心を集めてきた一戦です。

 ただ、今年はGI馬が不在。どちらというと、年明けのGIII中山金杯(中山・芝2000m)の延長線上にあるような、GIII寄りのGIIといった雰囲気のレースになっています。

 そんなレースにあって、まず注目したいのは、ヒシイグアス(牡5歳)です。

 3歳の時は前哨戦となる重賞で振るわず、GI出走は叶いませんでしたが、4歳になってから自己条件を地道に勝ち上がっていき、今年初戦の中山金杯(1月5日)で重賞初勝利を飾りました。ここで結果を出せば、次はいよいよGI挑戦、ということになるでしょう。

 例年であれば、このタイミングでGI級の馬たちと戦うことになるのですが、今年は格上と言えるような馬がいません。ならば、目下の勢いと充実ぶりからして、主役を張れるのではないでしょうか。

 同馬を管理するのは、GIフェブラリーSをカフェファラオで制して上り調子にある堀宣行厩舎。ヒシイグアスについても、クラシックに向けて無理に間に合わせようとせず、馬の成長曲線に合わせて大事に育ててきたことで、古馬になってから3連勝という結果を残すあたりは、この厩舎らしいですね。

 鞍上の松山弘平騎手も、デアリングタクトとともに飛躍を遂げた2020年の勢いを、今年もキープしているように感じます。ヒシイグアスには、2走前の3勝クラス・ウエルカムS(東京・芝2000m)から騎乗。GIジャパンカップのために関東へ遠征してきたタイミングでのテン乗りでしたが、見事に勝利へと導きました。

 それが縁となって、中山金杯でもコンビを組んで連勝。そのまま中山記念でもコンビ継続となるのですから、人馬にとって、今の流れはいい形にあると思います。一気に4連勝を決めても不思議ではありません。

 続いてピックアップしたいのは、ウインイクシード(牡7歳)です。遅咲きの7歳馬ですが、過去の成績が示すとおり"中山巧者"で、今年のメンバーであれば、悲願の重賞制覇も十分に可能だと思います。

 中山記念といえば、同じ「ウイン」で同世代のウインブライトが連覇したレース。ウインブライトが引退したのに合わせて、ウインイクシードを中山記念に使ってきたのは、ひとつの戦略かもしれませんね。