2020.11.28

鷲見玲奈が占うジャパンC。「3強」のうち本命に挙げた1頭は?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

 まず◎(本命)は、デアリングタクトです。

 3強の中では、前走からの間隔が一番空いていますし、3歳牝馬は斤量53kgと恵まれています。ローテーション的にも、斤量的にも、条件面ではデアリングタクトが一番有利。過去のレースを振り返っても、ジャパンCは3歳牝馬が強いというイメージがありますからね。

 前走の秋華賞でも、ムチの入れ方や追い方などを見ていて、無理をしていなかった印象があります。陣営としても、そこで勝つことはもちろんですが、ジャパンCを見据えたレースという気持ちもあったのではないでしょうか。実際、今週の追い切りの動きもよさそうでしたし、この秋2戦目の上積みもありそうです。

 加えて、デアリングタクトは日高(長谷川牧場)の生産馬ということで、個人的には牧場を応援したい、がんばってほしいという思いもあります。そんな気持ちも込めて、デアリングタクトを本命にしました。

 続く◯(対抗)は、アーモンドアイです。

 アーモンドアイは初めて"GI7勝の壁"を破った馬ですし、これまでの強さを見ていると、馬券圏内には確実に入ってくるのではないかな、という期待があります。

 ただし、本来はレース間隔を十分に空けたほうがいい馬であることは間違いありません。前走の天皇賞・秋からは中3週で、まだ疲れが残っているでしょうし、ローテーション的にも、距離的にもベストではなさそうです。

 これがラストランということで、アーモンドアイが勝つところを見たいですけど......、前走以上にメンバーも強くなりますし、最近の東京競馬場を見ていると、高速馬場にはならないのかなという点も加味して、不安要素はありますよね。

 そして▲(単穴)は、3強の中では最後になりましたが、コントレイルです。

 コントレイルは本当に強いレースをする印象があって、個人的には好きな馬。厳しいレースでも確実に勝ってくれるので信頼できますし、最初はコントレイルを本命にするつもりだったんですが......、やっぱり疲労が心配なんですよね。

 前走の菊花賞は、アリストテレスの猛追を抑え、最後の最後で「さすがに強い!」と思わせてくれるレースを見せてくれました。ですが、それだけ際どい勝負になった分、体力的に消耗するレースだったのは確かです。

 そこから中4週でのジャパンC。過去に菊花賞とジャパンCを連勝した馬がいないことも、ローテーション的な難しさを示しています。

 本来の能力は高いので、勝っても不思議はないと思いつつ、疲れを考慮して▲にしました。

 いずれにしても、基本的には3強の争いになると予想しています。というより、どちらかと言えば、どれかが飛ぶなんてことをあまり考えたくない、というのが率直なところです。予想うんぬんとは別に、最後は3頭で名勝負を繰り広げてほしい! というのが本音ですよね。

 ただ、そうは言っても、それほどうまくいかないのが競馬の難しさであり、面白さでもあります。