2020.10.31

天皇賞・秋の穴は今が充実の6歳馬。
アーモンドアイ絡みでも好配当になる

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 GI秋華賞のデアリングタクト、GI菊花賞のコントレイルと、立て続けに快挙を達成し、秋競馬は早くも最高潮といったムードにありますね。

 そんななか、今週はGI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)において、アーモンドアイ(牝5歳)がJRA史上初となる芝GI通算8勝という大記録に挑みます。

 これまでに、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックと、6頭の名馬が芝GIで通算7勝を挙げていますが、どの馬も越えることができなかった"8勝の壁"。それを打ち破ることは、決して簡単なことではありませんが、無敗の三冠馬が牡牝で誕生する空前絶後の時流からすれば、初の芝GI通算8勝という偉業もついに果たされるのではないか、と思ってしまいます。

 歴代の芝GI7勝馬の中では、4歳までに7勝を挙げたシンボリルドルフとディープインパクトの戦績が際立っていますが、アーモンドアイも現時点で13戦9勝と、通算勝率は2頭に続く数字を残しています。

 とりわけアーモンドアイは、デビュー3戦目でGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)を勝ったあと、GIレースにしか出走していません。それでいて、これだけの高い勝率をキープしているということは、本当に立派だと思います。

 そして今回、初めて"すでに勝ったことのあるGI"に出走します。

 昨年の秋初戦にも天皇賞・秋を選択し、最後は完全に流しながらも、勝ち時計は1分56秒2という好時計をマーク。後続に3馬身差をつける圧勝劇を披露しました。

 アーモンドアイにとって、東京競馬場が一番走りやすいコースであることは、これまでのレースぶりを見ても明らか。距離もマイルより中距離のほうが、持てる力を存分に発揮できると思います。条件としては、申し分ないでしょう。

 あえて不安を挙げるなら、道悪でしょうか。グランアレグリアに完敗した前走のGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)も、その前に大勝したGIヴィクトリアマイル(5月17日/東京・芝1600m)より、勝ちタイムが1秒も遅いやや重の馬場でした。唯一の惨敗となる昨年のGI有馬記念(中山・芝2500m)も、暮れの中山という時計のかかる馬場でしたし、消耗戦になったことも影響したと思います。