2020.10.31

鷲見玲奈が天皇賞・秋を予想。
「人生初の万馬券」を生んだあの馬は?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

 秋のGIシリーズは、まだ序盤戦が終わったばかりというところですが、今年は次々に歴史的快挙が成し遂げられていますね。

 GI秋華賞ではデアリングタクトが勝ち、史上初の無敗の牝馬三冠を達成! GI菊花賞ではコントレイルが勝って、ディープインパクトに続く父子二代で無敗の三冠を達成! 今年は日本競馬界にとって歴史的な年なんだなと、改めて強く感じています。

天皇賞・秋の予想をした鷲見玲奈さん

 さて、肝心の私の馬券予想はというと......、菊花賞は的中しました!

 3連単フォーメーションで、本命のコントレイルを1着固定。アリストテレスとサトノフラッグは、どちらも2、3着に入れていたので、バッチリ狙いどおりでした。

 ただ、個人的には満足なんですけど、菊花賞はスポルティーバさんで予想をしていなかったので......、ここでもちゃんと当てられるように、今回もがんばります!

 では、GI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)の予想です。

 まずは、断然の人気を集めそうなアーモンドアイ(牝5歳)をどうするか、ですね。

 アーモンドアイは3歳当時から、何とも言えないオーラがあって、「スターホースが出てきたな」という感覚で見ていました。全体的に強い勝ち方をしている印象があります。

 しかも、この秋のGIは1番人気が3連勝中。その流れを考えると、「結局、勝つのはアーモンドアイなのかな」っていう気がしています。