2020.09.26

オールカマーは実績よりも適性。
穴党記者は斬新すぎる穴馬4頭を推す

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 秋のGIシリーズ、古馬中距離戦線のステップレースとなるGIIオールカマー(中山・芝2200m)が9月27日に行なわれる。

 過去10年の1番人気の成績は、3勝、2着3回、3着1回、着外3回。比較的安定して結果を残しており、大波乱が少ないレースと言える。ちなみに、勝った1番人気の馬は、単勝2.0倍以下の馬。断然人気の馬がいれば、馬券の軸と考えていいだろう。

 しかし今年は、1番人気が予想されたフィエールマンが直前で回避。代わって、1番人気に推されそうなのは、昨年のGI秋華賞(京都・芝2000m)、GIジャパンC(東京・芝2400m)で2着となったカレンブーケドール(牝4歳)か、昨年の2着馬で今春のGI天皇賞・春(5月3日/京都・芝3200m)で3着となったミッキースワロー(牡6歳)か。

 どちらにせよ、単勝オッズが2.0倍以下の支持を得られるかどうかは微妙。軸にするには、心許ない存在と言える。現に、日刊スポーツの太田尚樹記者はこう語る。

「カレンブーケドールは、牝馬ながら牡馬相手に安定した成績を残していますが、今回は開催が中止となったドバイ帰りで、およそ7カ月ぶりの実戦。昨秋、3カ月以上の休み明けで臨んだGIII紫苑S(中山・芝2000m)でも3着に敗れていますし、目標はまだ先ですから、絶対視はできません。昨春のスイートピーS(東京・芝1800m)以来、勝ち切れていないという事実もありますからね」

 片や、ミッキースワローについては、「2200mという非根幹距離がドンピシャな条件。上位人気が予想されますが、重視すべき存在でしょう」と、スポーツ報知の坂本達洋記者。軽視しすぎるのは禁物か。

 その他の有力どころはどうか。坂本記者はこう分析する。

「前走でGIII七夕賞(7月12日/福島・芝2000m)を快勝したクレッシェンドラヴ(牡6歳)も有力視されていますが、カレンブーケドールも含めて、これら実績馬にとって、今回は先にある大舞台を見据えての叩き台。ここが"メイチの勝負"ということはないように思います」