2020.08.01

穴党記者が腕ぶすクイーンS。
北の大地で波乱を呼ぶ3頭を狙い撃ち

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

『みんなのKEIBA』MCの堤礼実アナ、厳選フォト>>

 先週から始まった札幌開催。今開催最初の重賞、牝馬限定のGIIIクイーンS(札幌・芝1800m)が8月2日に行なわれる。

 過去10年の1番人気の成績を見てみると、5勝、2着2回、3着1回、着外2回。勝率5割、馬券圏内となる3着内率8割という高い数字を誇り、「牝馬重賞は荒れる」といった定説からはかけ離れた感がある。

 しかしながら、3連単では好配当が続出。なかでも、2016年は1番人気のシャルールが2着になったにもかかわらず、39万7120円という高配当をつけている。

 やはり牝馬重賞、波乱含みのレースであることは間違いない。そして、スポーツ報知の坂本達洋記者は、同レースについてこんな見解を示す。

「先週開幕したばかりの札幌競馬場の芝コースは、まだまだ良好な状態をキープ。(クイーンSの)過去の結果を見ても、ある程度前に行く馬が有利だと思います。ただし、ハイペースになった時は、差し馬が台頭。この展開面にこそ、クイーンSの攻略のカギがあると見ています」

 では、今年はどういった展開が予想され、どんな馬が狙い目になるのか。坂本記者はこう分析する。

「今年は、重賞2勝がいずれも逃げ切りだったコントラチェック(牝4歳)をはじめ、ナルハヤ(牝6歳)、タガノアスワド(牝6歳)、モルフェオルフェ(牝5歳)など、有力な逃げ、先行馬がひしめくメンバー構成。コーナー4つの小回りコースとはいえ、馬場もいいですし、スローな展開になることは考えにくいです。そうなると、長く脚を使える差し馬を狙っていきたいですね」

 日刊スポーツの太田尚樹記者も同意見だ。

「出走予定の逃げ、先行馬は『何が何でもハナ』というタイプが多く、主導権争いがかなり激しくなりそう。こうなると、差し馬を狙ってみたくなります。