2020.05.19

桜花賞前とはガラッと一変。
オークスを読み解く「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)は、重馬場というタフなコンディションで行なわれた。その悪条件をモノともせず、豪快な末脚を繰り出して快勝したのは、2番人気のデアリングタクト(牝3歳/父エピファネイア)。3戦無敗で戴冠を遂げた。

桜花賞は2番人気のデアリングタクトが快勝した 1番人気のレシステンシア(牝3歳/父ダイワメジャー)も、完璧な競馬で対抗していた。だが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。その後、レシステンシアはクラシック路線には進まず、GI NHKマイルC(5月10日/東京・芝1600m)に出走。強豪牡馬相手にも2着と奮闘し、世代トップレベルの力があることを改めて示した。

 一方、牝馬クラシック第2弾となるGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)に向けては、その前哨戦やトライアル戦で新興勢力が台頭。既成勢力を脅かしそうな存在が次々に登場している。

 桜花賞と同日に行なわれたオープン特別の忘れな草賞(阪神・芝2000m)では、ウインマイティー(牝3歳/父ゴールドシップ)が勝利。父譲りのスタミナと重馬場適性をいかんなく発揮した。

 過去、本番での好走馬を多く出しているGIIフローラS(4月26日/東京・芝2000m)は、ウインマリリン(牝3歳/父スクリーンヒーロー)が制覇。直線で最内をスルスルと抜け出して、1分58秒7という好タイムを記録した。

 そして、その翌週に行なわれたリステッド競走のオープン特別・スイートピーS(5月3日/東京・芝1800m)では、1戦1勝のデゼル(牝3歳/父ディープインパクト)が大外から強襲して完勝。母はフランスの二冠牝馬アヴニールセルタンという良血が、大物感たっぷりのレースぶりを披露して、オークスへの最終切符を手にした。

 今回をこれらの結果を踏まえて、オークスに向けての『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今回はオークスに出走予定の3歳牝馬の実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。