2020.05.10

無傷の2連勝でオークスに挑む
アブレイズ。「2400mの距離は大丈夫」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2020年クラシック候補たち
第15回:アブレイズ

 競走馬の生産牧場として、過去に2頭のダービー馬を出しているノースヒルズ。今年も、3歳牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(中山・芝2000m)を制したコントレイルを送り出し、3頭目のダービー馬輩出なるか、大きな注目を集めている。

 そのノースヒルズから、今年は3歳牝馬クラシック、GIオークス(5月24日/東京・芝2400m)での戴冠を狙える馬が出てきた。栗東トレセンの池江泰寿厩舎に所属するアブレイズ(牝3歳/父キズナ)である。

フラワーCを快勝し、オークスに挑むアブレイズ 年明けの3歳になってから、それも今からおよそ3カ月前にデビューしたばかりの同馬。3歳牝馬にしては珍しく、初陣は2000m戦の3歳新馬(2月2日/京都・芝2000m)に臨んだ。

 牡馬混合のレースだったが、アブレイズはその一戦を難なく勝利。好スタートから5、6番手を追走し、直線では逃げ馬の外に持ち出すと、力強く伸びてゴール板を先頭で駆け抜けた。

 デビュー戦とは思えないような、鮮やかなレース運びで快勝したアブレイズは、2戦目でいきなり重賞に挑戦。GIIIフラワーC(3月20日/中山・芝1800m)に出走した。