2020.05.01

10万馬券が続発の天皇賞・春。
過去10年の激走馬が明示する穴馬4頭

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 このパターンに近い馬が今年もいる。スティッフェリオ(牡6歳)だ。

 同馬は、3歳時には菊花賞に出走(14着)。4歳時にオープン入りしているが、菊花賞のあと、1000万下(現2勝クラス)に戻って、オープン入りまでに6戦を要している。無論、その間は善戦の繰り返しだった。

 そういう意味では、同馬も遅咲きの部類。そうして、今や6歳のベテランとなったが、重賞3勝の実績を誇り、我慢比べのレースとなれば、これまでの経験が生かされるかもしれない。過去のベテラン馬が見せたような、大駆けがあっても不思議ではない。

 ちなみに、天皇賞・春の種牡馬の戦績を見てみると、過去10年で延べ8頭が馬券に絡んでいるハーツクライ産駒がずば抜けている。それに続くのが、延べ5頭が馬券に絡んでいるステイゴールド産駒である。

 今年は、ハーツクライ産駒の出走馬がいないことを考えれば、狙い目は自然とステイゴールド産駒となる。先に穴馬候補として挙げたエタリオウとスティッフェリオは、その点でも妙味がある。

 また、人気馬の成績に目を向けると、過去10年で5勝、3着2回と2番人気の強さが際立っている。ということは、2番人気に穴馬を絡める馬券勝負が効果的ではないか。

 何はともあれ、天皇賞・春から6週連続となるGIシリーズ。幸先よく好配当をゲットして、その後につなげたいところ。そのサポートをしてくれる馬が、ここに挙げた馬たちの中にいてもおかしくない。