2020.04.26

ダービー出走へ。フライライクバードは
2400m戦連勝の強みを生かせるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2020年クラシック候補たち
第13回:フライライクバード

 牡馬クラシック第1第のGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)は、1番人気のコントレイルが優勝。無傷の4連勝で戴冠を遂げた。半馬身差の2着には、3番人気のサリオスが入線。2歳時にGIを制すなど、早くから実力の高さを示してきた2頭が、そのままクラシックでも結果を出した。

 一方で、年が明けて3歳になってから、急速な成長を遂げている馬もいる。栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するフライライクバード(牡3歳/父スクリーンヒーロー)も、その一頭だ。

ダービー出走を目指して青葉賞に挑むフライライクバード 昨年10月末にデビューした同馬は、常に1番人気に支持されるも、2着、2着、4着とわずかに及ばず、なかなか勝利を得るまでには至らなかった。

 しかし今年に入って、同馬のレースぶりは一変。3歳未勝利戦(2月29日/阪神・芝2400m)で初勝利を飾った。

 道中3番手を追走し、直線を迎えると、楽々と先頭に立った。あとは、そのまま後続を突き放して、ついにトップでゴール板を通過。上がり33秒8という末脚を繰り出して、5馬身差の圧勝劇を披露した。