2020.04.18

皐月賞はコントレイルが最有力候補も、
キズナの初年度産駒に刮目せよ

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週の桜花賞に続いて今週、牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)も無事に開催することができそうです。大変な状況のなか、そのことは本当にありがたいことだと思います。

 桜花賞と同様、皐月賞も今年はさまざまな路線から有力馬が集結。レベルの高い混戦模様といった雰囲気にあります。一冠目をどの馬が手にするのか、ということだけでなく、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)に向けての争いにおいても、非常に重要な一戦となるでしょう。

 昨年は、年末のGIホープフルS(中山・芝2000m)を勝ったサートゥルナーリアが、同レース以来となる年明け初戦での皐月賞制覇という偉業を成し遂げました。私の現役時代と比べても、”休み明けの馬を走らせる技術”というのは、格段に向上しています。今や、トレセンを上回るような施設を持つ外厩もありますし、(馬を育成する)方法論も、トレセンの外で馬を扱うスタッフの意識も、昔とはだいぶ変わりました。

 余談ですが、私が皐月賞を勝たせてもらった時の相棒であるサニーブライアンは、前哨戦のGII弥生賞(中山・芝2000m)3着のあと、中山で行なわれたオープン特別の若葉S(4着。芝2000m)を挟んで、本番に臨みました。今では考えられないような使い方ですが、昔は普通だったんですよ。

 さて、今年はホープフルS(12月28日)の覇者コントレイル(牡3歳)と、GI朝日杯フューチュリティS(12月15日/阪神・芝1600m)の勝ち馬サリオス(牡3歳)という、無傷の3連勝でGI馬となった2頭が人気を集めることになりそうです。いずれも、それ以来となる今年初戦ではありますが、”休み明け”ということに関しては、心配する必要はないと思います。

 それでもこの2頭を比べると、安定感という点で、皐月賞ではコントレイルに軍配が上がるのではないか、と見ています。

 コントレイルがホープフルSに臨む前には、2000mの距離や小回りの中山コースに対して、不安視する声がありました。しかし、ふたを開けてみれば、好位で折り合って、すべての不安を払拭する完勝劇を披露。単純にこの時と同じ競馬をすれば、今回も軸として安泰と言えるでしょう。