2020.04.15

アンカツが確信。皐月賞、ダービーの
結末を示唆する「3歳牡馬番付」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 前走の弥生賞は、馬場が悪くて「どうかな?」と思って見ていたんだけど、強かったね。この馬のいいところは、どんなレースでもできるところ。流れに合わせて、(好位に)位置を取りにいってもいいし、(後方に)下げてもいい。

 成長力もありそう。ダービーでは、サリオスの最大のライバルになるのではないだろうか。


小結:アドマイヤビルゴ(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:2戦2勝)

 セレクトセールで5億8000万円(税別)の高値がついた馬で、デビュー前から話題になっていた同馬。ただ、勝ったとはいえ、デビュー戦は大したことはなかった。

 馬体が細くて、大物感もないから、2戦目の若葉S(3月21日/阪神・芝2000m)の前は、「勝ち負けは厳しいだろうな」と見ていた。ところが、実に強い勝ち方をして、正直びっくりしたね。

 道中は3~4番手でうまく折り合って、追い出した時の反応もよく、終いの脚もすばらしかった。加えて、レースぶりにも余裕があって、時計も優秀(1分58秒6)。すっかり見直した。

 2戦目でガラッと変身して、あれだけのレースができるんだから、この馬には奥がある。牡馬クラシックを面白くさせる馬が登場した感じだ。

 皐月賞をパスするのも、馬格のないこの馬には正解だろう。ダービーでは不気味な存在になると思うよ。