2020.04.15

アンカツが確信。皐月賞、ダービーの
結末を示唆する「3歳牡馬番付」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

大関:コントレイル(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:3戦3勝)

 有力馬の中でも、最も完成度が高いのがこの馬。競馬がうまいし、騎手にとってはすごく乗りやすいタイプの馬だ。現時点での総合点は、世代トップと言える。

 しかし、伸びしろとなると、どうか。ゼロではないが、そこは他の馬に一歩譲るような気がして、2番手とした。

 ディープインパクトの産駒には、父親に似ているタイプと、そうでないタイプの2つに分かれるけど、この馬は父親にそっくりなタイプの典型。デビュー戦から走れていたし、瞬発力にも見どころがあった。終(しま)いも、カミソリのようにピュッとキレる脚を使う。

 距離は、2400mもこなせるけれど、確実にキレる脚が使えるのは、マイルから2000mぐらい。そして、何よりいいのが、小回りコースでもスッと好位置が取れるところだ。

 とすれば、皐月賞の最有力は、この馬と言えるだろうね。中山のホープフルSを勝っているように、コース適性も高い。


関脇:サトノフラッグ(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:4戦3勝、着外1回)

 コントレイルとは違って、こちらは父親に似ていないディープインパクト産駒。ディープに似ている子で、しかも走る子は、おおよそ新馬戦から勝って強いところを見せるけど、この馬は初陣で負けているからね。

 父親とは異なり、馬体がゆったりしていて、気性的にもカリカリしていない。その分、長い距離は走れる。ディープみたいにピュッとキレる脚は使えないけど、いい脚を長く使える。過去の馬で言えば、キズナ(2013年のダービー馬)に似たタイプかな。