2020.04.05

桜花賞の最有力候補。マルターズディオサは
万全の態勢で決戦に挑む

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2020年クラシック候補たち
第10回:マルターズディオサ

 GI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)の重要な前哨戦となるGIIチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)には、昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日/阪神・芝1600m)で、1着~4着までに入った実力馬が集結。最後は、阪神JFの上位3頭が熾烈な争いを見せ、阪神JF2着のマルターズディオサ(牝3歳/父キズナ)が激戦を制した。

前哨戦のチューリップ賞を制したマルターズディオサ この結果、桜花賞の有力候補に浮上したマルターズディオサ。デビューしたのは、昨年の8月だった。ここで、のちにGIII新潟2歳S(新潟・芝1600m)を制すウーマンズハートと激突。レースの主導権を握ったのは、先手を奪ったマルターズディオサだったが、この時はライバルの強烈な末脚に屈して、2着に終わった。

 その後、初陣と同じ舞台の未勝利戦(8月31日/新潟・芝1600m)を勝ち上がって、1勝クラスのサフラン賞(9月29日/中山・芝1600m)に臨んだ。未勝利戦でも大きく出遅れたのだが、ここでも再びスタートで後手を踏んだ。

 中山のマイルにおいては、ただでさえ不利な外枠発走のうえ、出遅れのハンデまで背負うことになったマルターズディオサ。それでも、外々を押し上げていって、ゴール前で2着マジックキャッスルをきっちり捉えて、快勝した。