2019.12.17

有馬記念は、人気落ちのGI馬、
菊花賞馬、グランプリ男で夢を見よ!

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 そうなると、侮れないのがフィエールマン(牡4歳)である。

 当初、フィエールマンはルメール騎手が騎乗する予定だったが、アーモンドアイの出走により、急きょ池添騎手とのコンビ結成となった。

 前走の海外GI凱旋門賞(10月6日/フランス・芝2400m)で12着と惨敗したフィエールマン。鞍上も乗り替わり、上位人気は望めないが、同馬は有馬記念に強い「菊花賞馬(2018年)」でもあり、さらに「グランプリ男」が手綱をとるとなれば、一発があっても不思議ではない。

 池添騎手は今秋、GIマイルCS(京都・芝1600m)でもテン乗りのインディチャンプで戴冠を遂げている。大一番に強い男が、ゲンのいいレースで再び大仕事をやってのけるかもしれない。

 競馬ファンに限らず、多くの人々が"夢を買う"有馬記念。最高のプレゼントをもたらしてくれる馬が、ここに挙げた4頭の中に、きっといる。