2019.10.12

穴党記者が近年の秋華賞の傾向を分析。
そこから導き出された穴馬4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

「ローズSは、馬場のいい状況下で施行されるワンターンの芝1800m戦。これは、マイラーが能力を発揮できる舞台設定です。ローズSの好走馬が秋華賞で結果を残せなくなったのは、そうした舞台適性の差が出てきている印象を受けます」

 実際、今年もローズSを勝ったのは、「本質的にはマイラー」と言われているダノンファンタジー(牝3歳)。2着も同様のタイプのビーチサンバ(牝3歳)だった。秋華賞の距離2000mは、ともに守備範囲だろうが、絶対視は禁物かもしれない。

 そこで、吉田記者が狙うのは、オークス2着、紫苑S3着のカレンブーケドール(牝3歳)だ。

秋華賞で戴冠を狙うカレンブーケドール

「週末は台風の影響が気になるところですが、この馬は馬場不問で狙えそうです。前走・紫苑Sの1週前追い切りでは、古馬オープンのプロディガルサン(牡6歳)にあおられて案外な走りを見せるなど、仕上がり途上の段階にありました。

 おかげで、紫苑Sはまさしく”トライアル”といったイメージでしたが、レースではペースが上がった3~4コーナーの勝負どころで、手応えよく進出できたのは収穫。最後は目標にされた分、追い比べで見劣りましたが、仕上がり度合いを踏まえれば、価値ある一戦でした。

 時計面から、良馬場で平均的なラップを刻むレース展開も望むところ。コントラチェック(牝3歳)が引っ張り、それを見る形で先行、もしくは好位で運べるのは、流れや馬場を鑑みても優位に映ります。やや重など滑る馬場は微妙ですが、不良に近い馬場になってもパワー十分ですから、心配はないと思います」

 カレンブーケドールについては、木南記者も注目している。

「2分22秒8という時計、厳しい流れのなかで先行して粘り込んだレースぶりも含めて、12番人気で2着になったオークスの結果はフロックではないと思います。秋初戦の紫苑Sは3着でしたが、あらためてレースセンスの高さを示しましたし、GIのさらに厳しい展開のほうががんばれそうな気がします。ローズS組がいますし、紫苑S3着という結果もあって、実力よりも人気にならないでしょうが、上位争いに加わってくると思います」