2019.10.06

落札額は2億円。注目の血統馬、
ダノングロワールがいよいよデビュー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 調教パートナーの顔ぶれを見ても、この馬への期待の高さがわかるが、陣営の評価はどうなのか。先述のトラックマンが続ける。

「追い切りを見る限りでは、国枝調教師は『まだ、おっとりしている』と言っていました。もう少しピリッとしてくれば、『レースで切れ味を出せるのでは』とのこと。それでも、調教にまたがったスタッフは『乗り味がいい』と評価しています。実戦では(調教よりも)さらに上のパフォーマンスを見せてくれるかもしれませんよ」

 初陣となるのは、10月6日の2歳新馬(東京・芝2000m)。鞍上は、関東のトップジョッキーである戸崎圭太騎手が務める。

 はたして、注目の”2億円ホース”ダノングロワールは、デビュー戦から秘めた能力をいかんなく発揮するのか。そのレースぶりから目が離せない。