2019.08.03

レパードSは3年連続大荒れか。
「逃げるが絡む」傾向に4頭がハマる

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳馬のダート重賞、GIIIレパードS(新潟・ダート1800m)が8月4日に行なわれる。同レースは10年前に創設され、当初は堅い決着に収まることが多かったが、最近は一変して”荒れる”傾向が強いレースとなっている。

 とりわけ、ここ2年は凄まじく、2017年には11番人気ローズプリンスダムが勝利し、2着にも12番人気のサルサディオーネが入って、馬連が9万5320円という高配当となった。さらに3連単の配当は、3着に1番人気のエピカリスが入ったものの、80万円超えの高値をつけた

 そして昨年も、5番人気のグリムが勝利して、2着に10番人気のヒラボクラターシュ、3着に9番人気のビッグスモーキーが突っ込んできて、3連単は67万1670円の高配当となった。おかげで、今年も波乱ムードが強まっている。

 そんななか、このレースの特徴として、ひとつのポイントがクローズアップされている。それは、過去5年で4頭の逃げ馬が連に絡んでいることだ。例年ペースが速く、消耗戦となることが多いのだが、なぜか前が残りやすいレースとなっている。その点については、デイリー馬三郎の吉田順一記者も頭の中に入れておいたほうがいいと言う。

「過去10年で、上がり36秒台を切って勝ったのは、2014年のアジアエクスプレスのみ。コース形態からは前が断然強い新潟コースですが、重賞となれば、ジョッキーの意識も前へ前へと強くなるので、それが乱戦になる要因かもしれません。ただ、そうした激しい展開になっても、逃げ馬に連対実績があることは覚えておきたいです」

 また、日刊スポーツの木南友輔記者は、今年から変わった制度によって、過去と違った変化が起こるかどうか、注視したいと言う。

「レパードSはこれまで、1000万下(現2勝クラス)を勝つレベルの馬なら、勝負になる傾向にありました。しかし、今年から降級制度が廃止され、同クラスでも古馬の1600万下(現3勝クラス)の降級がなくなって、3歳馬が勝ちやすくなっています。そうした状況にあって、これまでと同様のことが言えるのか、つまり2勝クラスを勝ったばかりの馬でも勝ち負けできるのか、注目しています」