2019.08.02

小倉記念は「好調馬」、そして
相性のいい2人のジョッキーにおまかせ

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 真夏の小倉シリーズを代表する一戦、GIII小倉記念(小倉・芝2000m)が8月4日に行なわれる。夏のローカル重賞、それもハンデ戦となれば、多くのファンがイメージするとおり、波乱傾向が強いレースと言っても過言ではないだろう。

 過去10年の結果を振り返ってみても、8番人気以上の伏兵馬が馬券圏内(3着以内)にしばしば突っ込んできており、2009年には16番人気のダンスアジョイが大金星を挙げている。その年は、2着に1番人気のホッコーパドゥシャが入ったものの、3着にも9番人気の伏兵クラウンプリンセスが入線を果たし、3連単は97万8500円という高配当となった。

 また、2011年も”大荒れ”となった。勝ったのは4番人気のイタリアンレッドだったが、2着に15番人気のキタサンアミーゴ、3着に8番人気のリクエストソングが入って、3連単の配当は87万370円という高値をつけた。さらに、2016年にも11番人気のクランモンタナが勝利を飾って、3連単は30万超えの高配当となった。

 これら以外の年も、3連単はすべて万馬券。となれば、今年も波乱の決着を期待したい。そこで、過去10年の結果を参考にして、今回のレースで激走しそうな穴馬候補を探し出してみたい。

 まず注目したいのは、クラスにかかわらず、2戦連続で好走している”上がり馬”または”好調馬”。それでいて、人気の上がらない馬である。

 典型的な例となるのが、2010年のレースを制したニホンピロレガーロだ。2走前にオープン特別を勝って、続く前走のGIII新潟大賞典(新潟・芝2000m)でも3着と好走していたが、当日は9番人気の低評価だった。

 2014年に2着と健闘したマーティンボロも同様だ。3勝クラス(旧1600万下)、GIII中日新聞杯(中京・芝2000m)と連勝して挑んだが、6番人気の伏兵扱いにとどまっていた。

 その他、2010年に4番人気で2着となったバトルバニヤン、2018年に5番人気で3着に入ったマウントゴールドも、このパターンに近いタイプ。前者は、2走前にオープン特別を勝って、前走のGIII七夕賞(福島・芝2000m)で3着と奮闘していた。後者は、2走前に3勝クラスで4着と善戦し、前走で3勝クラスを勝ってオープン入り。上り調子にあった。