2019.04.02

桜花賞目前。クラシックの
行方を占う「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 1位は、2歳女王のダノンファンタジー。最も重要視されるトライアル戦を勝って、あらためて貫禄を示した。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「チューリップ賞は、馬の能力を信頼し、インからさばく競馬。(直線で前が壁になって)取りこぼしてもおかしくないレースを見事に勝ち切りました。2歳女王が万全のステップで本番に向かうことになります。

 昨年は、ダノンプレミアム(※本命視されていた皐月賞を負傷で回避)で悔しい思いをしている陣営(馬主=(株)ダノックス、厩舎=中内田充正ともに同じ)。クラシックへの思いは相当強いと思います」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「チューリップ賞は、完勝でした。前半やや掛かり気味で、この馬としてはかなり前の位置からのレースとなりましたが、本番を前にして”ガス抜き”ができたと考えれば、むしろプラスかもしれません。

 対抗と目されているクロノジェネシスは阪神JFで破っていますし、唯一敗れているグランアレグリア(牝3歳/父ディープインパクト)はぶっつけ。その雪辱を果たして、ダノンファンタジーが桜花賞制覇――それが、最も現実的なシナリオではないでしょうか」