2019.04.02

桜花賞目前。クラシックの
行方を占う「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2019年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

 3歳牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)がいよいよ間近に迫ってきた。

阪神JFではダノンファンタジー(中央)がクロノジェネシス(右)との叩き合いを制した その前哨戦においては、昨年末に行なわれたGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日/阪神・芝1600m)で2着だったクロノジェネシス(牝3歳/父バゴ)が、GIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)で1番人気に応えて快勝。阪神JFを制して2歳女王となったダノンファンタジー(牝3歳/父ディープインパクト)は、本番と同じ舞台で行なわれたGIIチューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)で難なく勝利を飾った。

 既成勢力が力を示す一方で、新興勢力も東西のトライアル戦で躍動して見せた。関西のGIIフィリーズレビュー(3月10日/阪神・芝1400m)では、ノーワン(牝3歳/父ハーツクライ)とプールヴィル(牝3歳/父ルアーヴル)が鋭い決め手を見せて1着同着。大一番で、有力どころを脅かす存在として名乗りを挙げた。

 関東では、オープン特別のアネモスS(3月10日/中山・芝1600m)をルガールカルム(牝3歳/父ロードカナロア)が、GIIIフラワーC(3月16日/中山・芝1800m)をコントラチェック(牝3歳/父ディープインパクト)が勝利。クラシックへの出走権を手に入れた。

 こうして3歳女王の座を争う舞台への役者はそろった。これらのことを踏まえて、桜花賞目前での『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックに挑む3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。