2019.03.23

明け4歳馬が強力な高松宮記念。
騎手とセットで6歳牝馬がお買い得だ

 以前にも触れたことがありますが、『千直(直線で行なわれる新潟・芝1000m)』というレースは、ときに馬を大きく成長させます。このダイメイプリンセスは、まさにそんな1頭です。

 準オープンで頭打ちかと思われましたが、昨春『千直』に挑戦して連勝。オープン入りを果たすと、その勢いで重賞を制覇し、秋のGIスプリンターズS(9月30日/中山・芝1200m)にも出走しました。そして、余力を持って4着と好走しました。

 その後は休養に入って、今年はさらなる飛躍が期待されました。しかし、休み明け2戦は6着、10着と凡走。すでに6歳牝馬でもあり、「ピークを過ぎてしまった」という見方があるのは当然でしょう。

 とはいえ、気になるのは鞍上です。前走のオーシャンSから続けて、ミルコ・デムーロ騎手が手綱をとる、ということです。

 前走時にも感じたことなんですが、彼がこの馬を選択していることに、違和感があるんですよね。前走も、そしてGIの今回も、彼が選んで乗れる馬は他にもいると思うんです。また、そもそも騎乗を予定していた馬が回避した、というニュースも聞いていません。

 そうした状況にあって、彼が前走で同馬を選び、しかもGI戦まで続けて騎乗するということは、この馬にそれだけの可能性を感じているのではないでしょうか。

 本当は、これまでの主戦だった秋山真一郎騎手で挑んでほしい、という気持ちがあります。それでも、予想という意味では、このトピックは面白い要素となりました。ダイメイプリンセスが馬券圏内(3着以内)に飛び込んできても不思議ではありません。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆活きのいい4歳馬が有力な高松宮記念は、あえてベテランで勝負すべし>>

◆スプリント勝負の高松宮記念は、4歳の2頭が世代交代へと駆け抜ける>>