2018.12.21

有馬記念は荒れる。穴党記者が送る
「3頭」のクリスマスプレゼント

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 2018年の中央競馬もいよいよクライマックスが近づいてきた。注目のGI有馬記念(中山・芝2500m)は12月23日に行なわれる。

 牝馬三冠を達成し、ジャパンCまで制したアーモンドアイこそ出走しないものの、今年の中央競馬を引っ張ってきた16頭が出走。豪華メンバーが繰り広げる激闘は、見応えのあるものになりそうだ。

 さて、有馬記念の過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気は6勝、2着2回、3着1回、着外1回と、相当な好成績を誇っている。その一方で、2008年には1番人気のダイワスカーレットが勝ちながら、3連単が98万5580円という高配当をつけた。1年の最後に、たびたびビッグボーナスをもたらしてくれるレースでもある。

 こうした傾向について、日刊スポーツの松田直樹記者はこう語る。

「有馬記念は、コアなファンはもちろん、普段は馬券を買わないライト層も多く参加する”お祭りレース”です。そのため、著名馬に投票が集中する傾向が強く、上位人気の馬は否応なくオッズが低くなる傾向があります」

 つまり、逆に人気の盲点となる馬は、普段以上に高いオッズがつきやすい、ということである。そうした馬を見逃さないことが、オイシイ馬券をゲットするポイントになりそうだ。

 そして、今年のレース展開については、デイリー馬三郎の吉田順一記者が、今の中山の馬場とメンバー構成を鑑みて、次のように分析する。

「12月15日に行なわれた2歳500万下・ひいらぎ賞(中山・芝1600m)の勝ちタイムが1分33秒7。同じ日に行なわれたGIIIターコイズS(中山・芝1600m)の勝ちタイムが1分32秒7と、現在の中山競馬場は時計の出やすい舞台となっています。

 そのうえで、今年のメンバーは自分で競馬を引っ張って好成績を収めているキセキ(牡4歳)をはじめ、オジュウチョウサン(牡7歳)、クリンチャー(牡4歳)、ミッキーロケット(牡5歳)など、早めの競馬でタフな展開に持ち込みたいタイプがそろっています。ロングスパートも利く地力馬も多く、勝負どころからはかなり出入りの激しい競馬になるかもしれません」